綾瀬はるか「義母と娘のブルース」第1話 喜びの腹芸!内容と感想・第2話も

      2018/07/12

 

こんにちは~はるぺんですⓋ

 

綾瀬はるかさん主演のTBS火曜ドラマ「義母と娘のブルース」の第1回目が2018年7月10日(22:00~)に放送されました!

 

この物語は桜沢鈴先生の、義母と娘の邂逅を描いた4コマ漫画が原作だそうですよ。

 

キャリアウーマン・岩木亜希子(綾瀬はるか)が一転して義母となり、夫・宮本良一(竹野内豊)の連れ子の宮本みゆき(横溝菜帆)心を摑むべく奮闘努力する泣けて笑える物語ということです。

 

私、綾瀬はるかさん、大ファンなのですごく興味をそそられてしまいました(≧▽≦)

 

そこで今回はこのドラマの第1話を紹介していきたいと思います。

TBS火曜ドラマ「義母と娘のブルース」

  • 第1話 あらすじと感想
  • キャスト
  • 相関図
  • 第2話の内容予想
  • まとめ

 

(※なお、ネタバレもありますので、ご注意くださいね!)

 

スポンサーリンク

 

TBS火曜ドラマ「義母と娘のブルース」

 

第1話 あらすじと感想

亜紀子とみゆきの出会い

 

公園で自転車の練習をしていた宮本みゆき(横溝菜帆)に見知らぬ女性が声をかけてきました。

 

「自転車はスピードを出す方が転びにくいのです」

 

『何この人?』

 

怪訝な表情のみゆきにお父さんの宮本良一 (竹野内豊) は彼女を

 

「みゆきの新しいママになる人だよ」

 

と紹介しました。

 

みゆきは3年前に母親を亡くし、父親の良一と父一人子一人で生きてきました。

 

そんなみゆきの前に現れたのは岩木亜希子 (綾瀬はるか) という、業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める金属業界の戦国武将と呼ばれる女性でした。

 

そんな亜希子とみゆきの初対面の日に、亜希子はみゆきに名刺を差し出し、

「私、このような者にございます」 と挨拶したのです。

 

突然のことに驚いたみゆきは 「私、この人嫌い」 と拒否してしまいます。

 

そんな美由紀の反応に、

 

「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」

 

一通の封筒と名刺を置いて亜希子は帰ってしまうのでした子。

 

亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一を睨みつけて怒りました。

 

良一は慌ててみゆきを必死に説得しますが、逆に言い負かされてしまうのでした。

 

亜希子の義母になるべく挑戦した初陣は、あえなく惨敗に終わりました。

 

☆随所で鳴るホラ貝の音がいかにも戦国武将の雰囲気を出していて鳴る度に笑ってしまいました。

 

それにしても竹野内豊さんは今回はのんきな役柄ですね。

 

このけっこうキャラ好きです(#^^#)

 

亜希子、みゆきをリサーチする

 

しかし、戦国部長・岩木亜希子は、百戦錬磨のビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうとありとあらゆるプランを練っていきます。

 

児童心理学の書籍を読み漁り、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチをかけます。

 

そして会社の後輩・田口朝正 (浅利陽介) をも巻き込み、とっておきの作戦を立てました。

 

それは怖いと有名なアスレチックにみゆきを連れて行き、『吊り橋効果』で取りこもうという作戦でしたがあえなく失敗してしまいました。

 

一方、下山不動産のおばちゃん下山和子 (麻生祐未) は、みゆについて聞きこみに来た亜希子に

 

「あんたの味方はできないよ。私はみゆきちゃんの味方」 と言い張ります。

 

しかし亜希子がふと目についた駅前の億ションを買うかもしれないとほのめかすと、和子の態度は一変してみゆきが実は内弁慶で、しかもいじめを受けているらしいと教えてくれたのです。

 

☆絶対あると思ったので(笑)でした。おばちゃんエライ!

 

その頃、光友金属の荷物を配送に来たバイク便の青年・麦田章 (佐藤健) に田口は荷物を2つ託し、絶対に間違えないようにと念をおしました。

 

威勢よく飛び出し行く麦田ですが、どこかチャランポランな不安をかき立てる青年だったのです。

 

みゆきを虐める理由とは!

 

亜希子は和子から聞いたみゆきが虐められているかもしれないということにポイントを絞っることにして、学校から帰るみゆきのあとをつけていきました。

 

すると途中で同じ学校の男子が数人で騒いでいるところに通りかかったみゆきに、その中のボス的な男子が声をかけてきたのです。

 

そして遊んでやろうかと言ってボールを投げつけてきて、そのボールはみゆきの顔に命中してしまいました。

 

うずくまるみゆきにゆっくりと近寄ってきた亜希子は、

 

「虐められているのですか?それならお父さんに報告しなければなりません。イヤなら一緒に敵を攻略する方法を見つけましょう」

 

ヒロキをリサーチする

 

虐められていることを父親に知られたくないみゆきは、亜紀子に言われるがまま敵情視察に行くことになりました。

 

広場でドッジボールをしている少年・ヒロキを見つけ、彼をじっと観察した亜希子は

 

「そんなにジャイアン的な少年には見えません。交渉次第で虐めはなくなります」

 

そしてみゆきに「なぜ自分だけをいじめるの?」と聞いてくるように言ったのです。

 

「そんな事絶対に無理!」というみゆきの肩をだいて、

 

「みゆきちゃんならできる。絶対に大丈夫!失敗したら私が責任を取ります」

 

と、言うのでした。

 

亜希子の言葉に心を動かされたみゆきは、ヒロキを追いかけていって

 

「どうして私だけいじめるの?」

 

と、聞きました。

 

最初は「ブス、ブス、ブスだからだ!」

 

と言っていましたが、みゆきに詰め寄られて

 

「ホントはブスじゃないからブスって言ったんだ!」

☆がんばれ少年!(#^^#)!

 

どうやら一件落着のようですが、そこに田口から「会社でとんでもない事が起こっているから助けて」と電話が入りました。

 

慌てて会社に戻ると、例のバイク便が相手を間違えて書類を渡したので受け取った取引相手が激怒しているというのです。

 

そのため亜希子は相手と和解するために中国へ飛んで交渉することになってしまいました。

 

☆中国語ペラペラのはるかさん!スゴイです~!カッコイイ!!💮💮💮

 

履歴書と採用通知

 

その夜、みゆきは亜紀子が置いて行った手紙を開けてみてビックリしてしまいました。

 

中身はなんと履歴書だったのです!

 

良一に「コレ何?」と聞くと、

 

「これはあなたの会社に入りたいですと言って出す手紙だよ」

 

それを聞いたみゆきはあれこれ考えた末に、やっと書き上げた手紙を亜希子に出すことにしました。

 

中国から帰国した亜希子は、みゆきからの手紙を見つけてすぐに開封してみると、

 

「採用通知」

 

と書かれていたのです。

 

義母になることをみゆきに認められて大喜びの亜紀子は、みゆきにお礼と自分の気持ちを伝えるためにみゆきが預けられている学童保育へ向かいました。

とっておきの一発芸の腹芸

 

そこで亜紀子はとっておきの「喜びの腹芸」を披露するのですが、これがいけませんでした。

 

その腹芸を見た瞬間、みゆきは恥ずかしさマックスで

 

「こんな人知らない!」

 

と、叫んでしまったのでした。

 

☆田口に描かせていたお腹の絵にも笑いましたが、まったく表情を変えずに「ありがとうの腹芸」をする綾瀬はるかさんには爆笑させられました。

 

素のはるかさんならニコニコ笑いながら面白そうに踊ると思いますがさすがですね~!

 

どこまでいっても鉄壁のキャリアウーマンは固い喋り口調を崩さないし、面白いことをしている時も絶対に笑わない!

 

まじめに面白いことに取組む!!スゴイです(笑)

 

TVを見ながらキャーキャー言ってしまいました。

 

✒合わせて読みたい記事↓

➜「義母と娘のブルース」タイトルのブルースの意味が深すぎて泣ける!

➜横溝菜帆「義母と娘のブルース」みゆき役がスゴイ!本名や血液型・身長も

 

キャスト

  • 岩木亜希子・・・綾瀬はるかさん
  • 宮本良一・・・・竹野内豊さん
  • 宮本みゆき(小学生)・・・横溝菜帆さん
  • 宮本みゆき(高校生)・・・上白石萌歌さん
  • 田口朝正・・・・浅利陽介さん
  • 下山和子・・・・麻生祐未さん
  • 麦田章・・・・・佐藤健さん
  • 友井 智善・・・・川村陽介さん
  • 西条 乙女 … 橋本真実さん
  • 猪本 寧々 … 真凛さん
  • 前原 大輔・・・・村本大輔さん (ウーマンラッシュアワー)
  • 宮本 愛・・・・・奥山佳恵さん
  • 笠原 廣之進 ・・・ 浅野和之さん

参考元http://www.tbs.co.jp

 

スポンサーリンク

 

相関図

 

「義母と娘のブルース」の相関図はこちら↓

 

それぞれの関係性が良くわかりますね。

 

✒電子書籍での原作コミックはこちらから検索してくださいね↓

第2話の内容予想

宮本家に引っ越してきた 岩木亜希子 (綾瀬はるか) と 良一 (竹野内豊)宮本みゆき (横溝菜帆) 3人の生活がスタートする。亜希子は、良い母親になろうと奮闘するが、逆にその行動がみゆきの反感を買ってしまっていた。一度は採用を決めたものの、義母になることに再び反旗を翻すみゆきは、亜希子を追い出そうと、クラスメイトの ヒロキ (大智) と一緒にある作戦を考える。

一方、会社の女性社員を集めて、なにやらリサーチをかける亜希子。女性社員たちに子持ちの男性と結婚したことを公開すると、すぐに会社中に広まってしまう。その事実をまったく知らなかった部下の 田口 (浅利陽介) は、亜希子に自分の想いを伝えようと花束を持って颯爽と出社する…。

引用元http://www.tbs.co.jp

 

どういう展開になるのかドキドキしますね~(≧◇≦)

 

麦田章(佐藤健)がどういった存在なのかスゴク気になりますね。

 

第2話で明かされるのでしょうか?

 

まとめ

 

今回はドラマ「義母と娘のブルース」第1話の紹介でした。

 

なんだかすごく面白いドラマでしたね!

 

それではまた(@^^)/~~~

 

✒合わせて読みたい記事↓

➜「義母と娘のブルース」タイトルのブルースの意味が深すぎて泣ける!

➜横溝菜帆「義母と娘のブルース」みゆき役がスゴイ!本名や血液型・身長も

✒書籍情報↓Amazon/ Kindle版 

スポンサーリンク

 - ドラマ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。