「ピース・ニッポン」内容と感想・映画館で日本の絶景を旅できる!

   

 

こんにちは~はるぺんでーすⓋ

 

「日本に恋をしよう」のキャッチフレーズで映画「ピース・ニッポン」が2018年7月14日から公開されました。

 

小泉今日子さんと東出昌大さんのナレーションで綴られた、日本中のありとあらゆる美しい風景の玉手箱です!

 

どんな映画なのか気になるのでさっそく観に行って来ました。

 

そこで今回は、映画「ピース・ニッポン」についての紹介です。

映画「ピース・ニッポン」

  • あらすじと感想
  • 出演者
  • まとめ

 

スポンサーリンク

映画「ピース・ニッポン」

 

あらすじと感想

 

日本とは思えないような綺麗な沖縄の海や屋久島の原生林から始まって北海道までの、縦に長い日本の47都道府県・200箇所以上の絶景を、これまたピッタリなBGMと共に夢のような2時間でした。

 

「日本人の精神」「日本の四季」「一期一会の旅」の三部構成でどのシーンもため息が出るほどの美しさでした。

 

映画の初めと終わりに、北海道洞爺湖の雪原を歩く及川さきのさんの白むく姿がまた綺麗なんですよね!

 

神道と仏教を分け隔てなく自然に受け入れた日本人特有の精神面について語り、各地有名どころの桜やひまわり畑、花火大会、そして鮮やかな紅葉の乱舞へと移っていきます。

 

引用元http://peacenippon.jp/

 

京都の清水寺や平等院などの世界遺産や、季節や見る角度によって全く違う富士山と富士五湖の風景なんて、どれだけ時間がかかったんだろうとそればかり考えてしまいました。

 

引用元http://peacenippon.jp/

 

調べてみると、制作に8年かかったということです!お疲れ様でした<(_ _)>

 

絶対に未来に残しておきたい日本の風景が、これでもかと言うほどてんこ盛りなんです。

 

中でも地獄谷で温泉に浸かる日本猿のシーンでは、温泉が気持ち良すぎてうたた寝している猿がお湯に沈みそうでハラハラしましたよ!

 

引用元http://peacenippon.jp/

 

空撮映像なんて、まるで鳥になった気分が味わえます(≧◇≦)

 

この映画1本で、日本中の絶景ポイントを網羅してしまいましたね。

 

映画としてフィルムで残して起きたのはもちろんですが、写真集にしてくれたらもっといいのにな~なんて思ってしまいました。

 

本の形なら見たいページだけをすぐにめくることができますからね!

 

観て絶対に損はないおススメの映画だと思います!

 

スポンサーリンク

出演者

ナビゲーター

 

  • 小泉今日子さん

引用元http://peacenippon.jp/

 

  • 東出昌大さん

引用元http://peacenippon.jp/

 

出演

 

  • 渡辺大さん

引用元https://twitter.com

  • 及川さきのさん

引用元http://www.flos.ne.jp

まとめ

 

どのシーンも永遠に残しておきたい祖国の美しい景色ばかりでした。

 

映画の景色を追って本物を是非見に行きたいものですね。

 

それではまた(@^^)/~~~

 

✒合わせて読みたい記事↓

2018愛知県「花火大会」開催情報一覧まとめ・アクセス&駐車場

 

スポンサーリンク

 - 映画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。