2018「豊橋祇園祭」桟敷チケットの種類や購入方法・発売日&値段も!

こんにちはーはるぺんでーすⓋ

東三河の中核都市豊橋市で毎年行われる祇園祭りが今年も盛大に行われます!

毎回この日を楽しみにしていますが、たまにはちょっぴり贅沢して桟敷席で見たいものですね。

桟敷席なら豊川の中で行われる仕掛け花火や打ち上げ花火、スターマインもしっかり見えるじゃないですか(#^^#)

そこで今回は祇園花祭りの桟敷席についてリサーチしてみました。

 豊橋祇園祭り 

■開催日
■開催場所
■桟敷席の種類と値段
■購入方法や予約の仕方
■発売日
■当日のアクセス方法
■まとめ

スポンサーリンク

 豊橋祇園祭り 

開催日時

🎆祇園祭りは毎年7月第3金曜日~日曜日に行われます。

🎆2018年は7月20日(金)~22日(日)の3日間です。

  • 7月20日(金)➜手筒花火(18:30~)
  • 7月21日(土)➜打ち上げ花火(約1万発の打ち上げ花火)(19:00~21:00)
  • 7月22日(日)➜本祭り・神事

開催場所

引用元http://www.honokuni.or.jp

  • 20日・手筒花火➜吉田神社境内
  • 21日・打ち上げ花火➜豊川河畔(桟敷席)
  • 22日・本祭り➜吉田神社

桟敷席の種類と値段

桟敷席は2種類あります。

1.平面ブロック席

河川敷に木材で作ったマス席です。

お弁当を広げながら大人数での観覧向きです。

🎆値段・・・1名分¥40,00(3歳以上)➜10名以上での団体での申し込みとなり、1セット¥400,00でそれ以上は5人単位増しごとでの注文となります。

《15名➜¥600,00、20名➜¥800,00てことですね》

2.階段席

河川敷の階段部分に設置された席で、スポーツ観戦のスタンドだと思えばわかり易いかも。

腰かける形なのでお年寄りや足腰の弱い方、カップルなど少人数向きです。

🎆値段・・・1名分¥40,00(3歳以上)×人数

スポンサーリンク

購入方法や予約の仕方

🎆豊橋祇園祭奉賛会に電話で申し込みが一番確実で早いと思います。

ご入金(銀行振込)確認次第、送料元払いにて郵送してくれるとのことです。

メールやチケットぴあ、セブンチケットでも購入できます。

  • 豊橋祇園祭奉賛会事務局(0532-53-5528)

発売日

🎇発売日はまだ発表されていません。

昨年は5月6日からでしたので今年もその辺りではないかと思います。

申し込み期間など、また詳しい情報が発表されたらお伝えしたいと思いますのでしばらくお待ちくださいね。

当日のアクセス方法

【車】

■大阪方面(名神高速道路:大阪IC)➜(東名高速道路:名古屋IC)➜(豊川IC)➜国道151号線➜国道1号線➜豊橋市➜豊川河畔・吉田神社・豊橋公園
■東京方面(東名高速道路:東京IC)➜(豊川IC)➜国道151号線➜国道1号線➜豊橋市➜豊川河畔・吉田神社・豊橋公園

【公共交通期間】

■JR東海道線豊橋駅 又は 名鉄豊橋駅(どちらも同じ駅舎です)➜路面電車(市役所前下車)➜豊川河畔・吉田神社・豊橋公園まで徒歩5分

(※祭り当日はたいへんな混雑が予想されますので、公共交通期間のご利用をおススメします)

まとめ

今回は豊橋祇園祭りの桟敷席についてのリサーチでした。

チケットを手に入れたら後は当日に晴れることを祈るのみですね!

今年は孫娘にも浴衣を着せてちょっとリッチな雰囲気で花火見物を楽しみたいと思います。

それではまた(@^^)/~~~

✒浴衣はこちらから検索してくださいね↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です