「少女ゴーレムと理科室の変人たち」内容と感想&2巻の発売はいつ?

みなさんこんにちは!はるぺんで~すⓋ

『Nemuki+コミックス』から発行された「少女ゴーレムと理科室の変人たち」がとっても気になったので紹介します。

2017年8月7日に発売された榎本ナリコ先生の新作コミックス(人外×美少女 青春オカルト・グラフィティー)転校生は人外!?というキャッチコピー付きのこのマンガは隔月刊誌「Nemuki+」で連載された人気コミックです。

女子高生・羽田野沙美のクラスにやって来た転校生の美少女の正体は驚くなかれゴーレムだったのです!

そして彼女を作ったのはクラスメイトで生物部のオタク男子二人!?

彼らに巻きこまれていく沙美はいつの間にか生物部員になっていました。

今回の記事はこちらです。

【少女ゴーレムと理科室の変人たち】

■あらすじと感想

■2巻はいつ発売!?

■まとめ

(※ネタバレを含みますので、ご注意くださいね!)

スポンサーリンク

「少女ゴーレムと理科室の変人たち」

あらすじと感想

 ーそれではまずあらすじからⓋー

女子高生・羽田野沙美はリア充・モテ女子を謳歌していましたが、ある日、転校生の岩下レイムがやって来てから沙美の日常は一変してしまいました。

美少女転校生岩下レイムはなぜだかコミュ症・石オタクの石田晶一やオカルトお宅の神谷行人と行動を共にし、謎を探るべく彼らのあとをつけた沙美が辿り着いたのは旧校舎の生物部の部室だったのです。

 

レイムが実は石田の石と神谷の儀式で作った『ゴーレム』だということを知ってしまった沙美は強引に生物部員にされてしまうのでした。

 

レイムは教室にいない時間は常にここに置かれ、石田の呼びかけで目覚めるのです。

この生物部では沙美のモテ女子ポーズなど誰も気にもしないので、ここに入り浸るうちに押さえこんでいた沙美の地の性格がすぐに現れてきました。

それはクラスメイトの前での沙美にも反映されて、いつの間にか『かつて人気者だった人』という位置づけになってしまいました。

ある日、部員不足の生物部に新入部員がはいりました。

彼・小野田一郎は20年前にこの理科室で亡くなった生徒で、文字通り幽霊部員になりました。

 

やがてまた新入部員が入ってきましたが、今度は吸血鬼だけどリア充満喫の世田須和郎です。

生きていない者同士として親近感をおぼえる小野田は瀬田の入部をすごく喜びました。

ところで吸血鬼の食事の対象は『血』の中の精気、つまり魂です。

全身魂のみの小野田は瀬田にとってかっこうの食糧だったのです。

ある夜、動かないレイムの目の前でアッという間に食べられてしまいました。

スポンサーリンク

いつも理科室にいる小野田がいないことに不信に思う石田に、レイムは冷たい手で触れ、何かを伝えようとしていました。

その手の冷たさは、石田の心の中の奥底に閉じ込めた幼い頃の記憶を刺激してきました。

 

 

幼い石田は幼なじみの女の子『レイ』と川辺で『ガーディアンクオーツ』(水晶の中に別の鉱物が混じった珍しい石)を見つけて取り合ううちに川の中へ落としてしまいました。

怒った石田は彼女に言いました。

「お前がひろってこいよな !」

やがて川の中から見つけられた少女は、冷たくなった手に握っていたガーディアンクオーツをこぼれ落とし、石田はその石をずっと持っていたのです。

そして石の中にはレイの魂が入っています。

レイの悲劇は石田を人間嫌いの石オタクへと変えていきました。

 

レイムの中にある鉱物の中にはこのガーディアンクオーツも混じっていました。

『レイム』≠『レイの魂』ということに気づいた、石田はいっそう生きていない者になりたいという気持ちが強くなり、それは瀬田の思う壺でした。

瀬田は石田を吸血鬼にして自分と共に永遠を生きる仲間にしようとしていました。

 

一方、瀬田が小野田を消したことをつきとめた神谷は沙美に電話をして二人で学校へ行くと、理科室にはレイムが静かに佇んでいるだけでした。

「お願い、起きてレイム。石田があぶないの!」

屋上に上ると瀬田と、今まさに吸血鬼にされようとしている石田がいあたのです。

神谷が飛ばした護符に阻まれた瀬田は、今度は神谷に襲いかかろうとし、失敗するとレイムの首に噛みついて硫化水銀の血を吸い取りました。

レイムの血によって吸血鬼瀬田は滅びました。

 

地面には瀬田の腹の中で小さくなった小野田が転がっていて、小さな声で呼んでいました。

ー感想Ⓥー

ゴーレムのレイムちゃん♡すごい美少女ですね!

彼女の中のレイの魂に惹かれて集まってくる様々な妖怪や怪物たちの出現にはビックリしましたが、おどろおどろしくホラーにならないどころか妖怪たちの反応が逆におもしろかったですね~。

石田の心の傷がやるせなくて可哀想でした。

何はともあれ、石田の傍にいたい人間そっくりのゴーレムのレイム(レイ)と生物部の部員たちは今日も部活に勤しんでいるようです。

今後、レイの魂入りレイムの一途な恋は成就するのか、それはこれからのお楽しみということですね(≧▽≦)

2巻はいつ発売!?

今のところ、1巻完結で出版されていますが、連載が再開されたので2巻の発売はあると思います。

発売時期はまだしばらく先のことではないでしょうか・・・。

また詳しい情報が入り次第更新していこうと思っています。

しばらくお待ちくださいね。

まとめ

今回はこちらの紹介でした。

【少女ゴーレムと理科室の変人たち】

■あらすじと感想

■2巻はいつ発売!?

「Nemuki+9月号」より連載再開のこの物語、続きがとっても気になりますね。

それではまた(^o^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です